これができたら合格!

試験は、筆記と実技試験で行われます。
筆記試験は、理論(知識・技能について)を問われ
実技は、あらかじめ告知されていた作品を提出するカタチです。

5級、4級は毛糸編み物の基礎的な技能と知識を検定します。

3級以上はそれぞれレース編みと毛糸編みに分かれますが、
試される範囲は同じです。

3級:基礎的な技能と知識を持ち、それを応用する能力がある。
2級:専門的な技能と知識を持ち、指導者の補佐ができる。
1級:高度の専門的な技能と知識を持ち、指導する実力がある。

編物技能検定試験の出題範囲をまとめたテキストが
主催団体から発行されているので、
過去問題を解きながら、テキストに併せて勉強するほかありません。

スクールなどに通うと、4級、5級をまずスタートにして
1年で1つづつ級を上げていけるように、
丁寧に確実に身につけながら、新しい技術に挑戦していく形が一般的です。

お役立ち情報一覧


cms agent template0035/0036 ver1.001