This page:趣味講座マニア~趣味の資格を取得しよう~ TOP > 自然・アウトドア > カットフラワーアドバイザー

カットフラワーアドバイザー

お花をデザインするのが好きの方にオススメ、カットフラワーアドバイザーの資格を取得するのがおすすめな理由、資格試験、検定合格のためのアドバイス。テストに必要な費用などの実施要項の詳細。取得後、社会に出てからの仕事や生活での活かし方について

カットフラワーアドバイザー資格の目的

お花屋さん


カットフラワーアドバイザー、切花の専門家です。

花屋さんで売られている花束、お祝いの日に頂く大きな花束
子供の小さな手で詰まれた可愛い花束。
どれもうれしい贈り物ですよね。
自分で育てた四季折々のお花を生けて楽しんだり
人にプレゼントするのもとても楽しいことです。

そんな時に、カットフラワーアドバイザーが
例えば、お花を摘むときに、どうすれば長持ちするとか
切花にして長く楽しめるお花はどの種類かなどを
ちょっとしたコツや楽しみ方を教えてくれたら
とても心強いものですよね。

この資格の目的は、切花を楽しもうとする人に
適切な指導やアドバイスが出来るように、
正しい知識を講習で身につけた人を認定して、
より広く切花を楽しんでもらえることを目的としています。

カットフラワーアドバイザーはこんな人にオススメ

フラワーショップや園芸店で勤めている人、
フラワー装飾などのお花を扱う仕事をしている人、
アレンジメントや、生け花をする人も
切花の扱い方に関する知識を学べますから、
取っておきたい資格ですね。

切花を楽しむ人に対して、育て方や楽しみ方など
適切なアドバイスが出来ることを目的としているので
仕事で誰かに教えるためだけでなく、
自分で楽しみたい方も、講習を受けて勉強することは
普段、お花を飾るときに役に立ちます。

お花に関する資格は多々ありますが、
お花が好きな方はきれいな姿を長く楽しむために
身につけておくと良い資格ですよね。

これができたら合格!

カットフラワーアドバイザーは
講習を受けることが必須で、最後に認定試験が行われます。
1日間の講習を受けたあと、
70問の筆記試験を行って合否判定されます。
合格後、協会に登録して、晴れてカットフラワーアドバイザーです。

試験の概要は、切花の水揚げや鮮度保持を中心に、
植物の生態や分類・薬剤の使用方法・流通方法と広範囲に渡ります。
あらかじめお花の知識を持っていたほうが有利ですが、
講習をしっかり受けて、挑戦しましょう。

カットフラワーアドバイザー試験の実施要項

<主催団体>
内閣府認証特定非営利活動法人 日本切花装飾普及協会
〒151-0064
東京都渋谷区上原1−35−7 KUDO B.L.D 2F
03-5465-1187(TEL)、03-5465-1190(FAX)
http://www.jcfa.com/
info@jcfa.com

<受験資格>
・切花、園芸関連業務に携わった経験のある人。
・フラワーアレンジメントスクールなどに参加経験のある人。
・切花等園芸に関する地域活動の指導的役割を果たす等精通している人。
上記条件のいずれかに、ひとつでも該当する18歳以上の人が
カットフラワーアドバイザー養成講習を受講できます。

<受験費用>
39,000円(講習料・テキスト代・昼食代込み)
カットフラワーアドバイザーの更新料10,000円(2年に1回)

<受験日>
講習・認定試験は年1回(6月中旬)。

カットフラワーアドバイザー資格を活かそう

お花やグリーン関係の資格は、数多く存在しています。
他のお花関係の資格もそうなのですが、
カットフラワーアドバイザーの資格だけだと、
切花に関しての知識があるという証明になるだけです。
お花の仕事を専門的にするのならば
単独よりも勉強をしながら複数の資格を取ることが
実力をより証明することになります。
勉強しながら、ステップアップに取得していくと良いですよね。

お花が好きなのが高じて、趣味の延長として
カットフラワーアドバイザーの資格を取られた方なら、
お花を飾るとき、あげるとき、日常生活に広く役立ちますよね。

お花の長持ちさせる方法などは、
知っているようで知らない方も多いです。
その知識を生かしてお花と親しむ機会が増えるように
よきアドバイザーとして活躍しましょう。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.001