This page:趣味講座マニア~趣味の資格を取得しよう~ TOP > 自然・アウトドア > 森林インストラクター > これができたら合格!

これができたら合格!

1次試験の内容は、全体が森林・林業・森林内の野外活動・安全と教育
このの4つの科目に分けられています。
時間は森林と林業が80分、野外活動と安全・教育が60分です。
全てに合格してやっと2次試験への切符を手に入れることができます。

問題数は各科目10問前後出題されます。
問題も、マークシートではなく、
「〜字以内で記述しなさい」等の記述式、選択肢から選ぶ穴埋め式、
「〜について3つ挙げなさい」などの列挙式があって、
時間的にかなり厳しくなります。

参考書は「森林インストラクター入門」
「森林インストラクター養成講習教科書選集」
「森林インストラクター資格試験 問題例集」など、
いくつか出ています。

が、これだけでは足りないので油断しないように。

森林インストラクター試験に出題される内容は
近年、難易度は高くとも比較的安定していると言われてはいますが、
林業や自然環境に関わる内容は、年々刻々と変化していて、
その時々に応じた問題が出題されるからです。
また、自然系のイベントは普段から出来るだけ参加して
様々な経験を積んでおくことも大切です。

2次試験は口頭質問と、実技試験です。
ただし、森林インストラクター養成講習を全科目受講して
修了していれば免除されます。

同時に、協会が認定する「森林活動ガイド」の称号が付与され、
自然体験活動推進協議会(CONE)が認定する
「自然体験活動リーダー」(CONEリーダー)の称号も
申請することで取得できるので、
1次試験の勉強に役立てて、1次試験だけに専念するためにも
要請講座を受講しておくのもひとつの方法ですね。

お役立ち情報一覧


cms agent template0035/0036 ver1.001