This page:趣味講座マニア~趣味の資格を取得しよう~ TOP > 学問・教育 > 60歳を過ぎての技術士資格への挑戦

60歳を過ぎての技術士資格への挑戦

" 私は60歳の定年退職後、技術マネジメントに関連するコンサルタントを個人事業として行っています。
 ようやく確保した中堅企業へのコンサルと、技術マネージャー向けの講習会を中心に活動しています。
 企業年金もあり、この活動で生計を立てねばならない事もないのですが、長年、企業で実践的に身に付けた知識やノウハウを技術に携わる方に伝承したいという思いで始めました。
 中堅メーカーを訪問し、お手伝いできる事がないかと、売り込むのですが、元**会社の技術マネージャーの肩書きだけでは、なかなか仕事がいただけません。
 やはり、公的に認められた資格を取り、名刺の肩書きに書けるようにすべきだと感じました。
 こうしたコンサルに関する国家資格としては、中小企業診断士か技術士の資格が最高峰です。技術系として、技術士の経営管理部門の資格に挑戦してみようと思っています。
 大学の友人の中には、定年退職後の活動を見越して取得している者もおり、この友人のアドバイスを受けながらチャレンジしようと思っています。
 技術士の受験通信講座などはなく、過去問をチェック分析し、受験しなければならない各教科を、それぞれに適した書籍で独学で挑戦しようと思っています。
"

お役立ち情報一覧


cms agent template0035/0036 ver1.001