This page:趣味講座マニア~趣味の資格を取得しよう~ TOP > 学問・教育 > 実用英語技能検定(英検)

実用英語技能検定(英検)

英語が好きな方、喋れるようになりたい方にオススメ、実用英語技能検定(英検)を受験するのがおすすめな理由、資格試験、検定合格のためのアドバイス。テストに必要な費用などの実施要項の詳細。取得後、社会に出てからの仕事や生活での活かし方について

実用英語技能検定の目的

英検


実用英語技能検定は、STEP英検とも呼ばれ、
学校などで団体で受験した経験を持つ人も多いのではないでしょうか。
この実用英語技能検定の「実用英語」の公式な定義は、
公式サイトによると、「日常の社会生活に必要な英語」となっています。
英検は「聞く・話す・読む・書く」の4つの技能を、
基礎知識から運用能力まで総合的に測るように構成されています。

英検が検定する英語は
「状況などに応じて適切にコミュニケーションができる一般的・総合的な英語」
これを英検を勉強することによって身につけるということです。

初歩段階の5級からネイティブ・スピーカーレベルの1級まで
7つの級に細かく分かれていて、
レベルに合わせて受験することで、
段階的に英語の総合的な力を身につけることが出来ます。

英検こんな人にオススメ

英語が好きな人、英語を勉強したい人が目標として、
自分のレベルを知るために、スキルアップを確実にしていくために
一番オススメの資格です。

漢字検定に並び、昔から開催されてきた3大検定のひとつ英検。
履歴書に書いたときの知名度も高く、
総合的な力を証明するのに国内では特に認知度の高い資格です。
最近では、海外留学向けの国際的な英語検定が増えて
英検の受験者は減少傾向でもありますが、
まだまだ年間250万人が受験しています。

英検は「聞く・話す・読む・書く」
これらのコミュニケーションに必要な能力を満遍なく測れる試験です。
英語を活かして仕事をしたい人、これから英語を学ぶ人
全ての人や取り組みやすい試験です。

これができたら合格!

英検の試験レベルは以下のように定められています。

1級:広く社会生活で求められる英語を十分に理解し、また使用することができる。
準1級:日常生活や社会生活で求められる英語を理解し、また使用することができる。
2級:日常生活や職場に必要な英語を理解し、また使用することができる。
準2級:日常生活に必要な平易な英語を理解し、また使用することができる。
3級:身近な英語を理解し、また使用することができる。
4級:簡単な英語を理解することができ、またそれを使って表現することができる。
5級:初歩的な英語を理解することができ、またそれを使って表現することができる。

1次試験は、全ての級で「聞く・話す・読む・書く」全てのことが問われます。
客観形式(語い・熟語、文法・語法、読解)、作文、リスニング能力が試験されます。
リスニングテストは、筆記試験の後に行われます。
回答の仕方は、1級と準1級はマークシートと記述形式で、
その他はマークシート方式です。

試験時間はそれぞれの級で細かく決められています。

1級・筆記100分・リスニング約30分
準1級 ・筆記90分・リスニング約25分
2級・筆記75分・リスニング約25分
準2級・筆記65分・リスニング約25分
3級・筆記40分・リスニング約25分
4級・筆記35分・リスニング約25分
5級・筆記25分・リスニング約28分

2次試験は、3級以上から行われます。
会話能力を面接委員を相手に直接測定する、
面接形式によるスピーキングテストで、試験はすべて英語です。

各級とも、最初に氏名・級の確認をしてから、
1級・準1級面接委員と簡単な自由会話、
2級〜3級挨拶や質問を行い、総合的な力を判定します。

正しい英単語を使って発音や文法はもちろんのこと、
積極的に自分がどう思うか、どう考えるかを伝えようとする姿勢も
2次試験で試されますので、普段から自分の考えをしっかりと持って、
話す鍛錬を積んでおきましょう。

実用英語技能試験の実施要項

<主催団体>
財団法人 日本英語検定協会
〒162-8055
新宿区横寺町55番地
03-3266-6555(TEL)
http://www.eiken.or.jp/

<受験資格>
特に制限はありません。好きな級位を受けることができます。
※同じ試験日に同じ会場で実施する級の中で、隣接した2つの級を一緒に受験できます。
※1級と準1級のダブル受験をする場合は「1級を実施する会場」で受験します。

<受験費用>
◆本会場で受験する場合
5級1,400円、4級1,500円、3級2,500円、準2級3,600円、
2級4,100円、準1級6,000円、1級7,500円。
◆準会場で受験する場合
5級1,200円、4級1,300円、3級2,300円、準2級3,400円、2級3,900円。

<受験日>
年3回(6月、10月、1月)。

実用英語技能検定を活かそう

英検を持っているということは、
英語の力が総合的にあることを認定された証ですから、
就職や進学に大きくアピールできます。

1級はかなり高度な英語を使えるというレベルですから
生涯学習として学び続けてもやりがいがあります。

英語を使った仕事はたくさんあります。
子供が好きな人なら「保育士」の資格と併せ持てば、
英語の教室を子供向けに開くことも出来ますし、
旅行関係の資格と英語を併せても、
広く活躍できることでしょう。
害外留学や海外勤務にも一歩近づきますね。
ボランティアでも広く活躍の場があり
英語ができるということで、世界がずいぶん近くなるものです。

もっと英語の世界を広げたいなら、
国際的資格TOEICなどの受験を目指す、通訳士を目標に定めるとか、
他には、英語以外の言葉に興味を持って、
色々な国の語学にチャレンジするのも良いですよね。

edit

cms agent template0035/0036 ver1.001