これができたら合格!

英検の試験レベルは以下のように定められています。

1級:広く社会生活で求められる英語を十分に理解し、また使用することができる。
準1級:日常生活や社会生活で求められる英語を理解し、また使用することができる。
2級:日常生活や職場に必要な英語を理解し、また使用することができる。
準2級:日常生活に必要な平易な英語を理解し、また使用することができる。
3級:身近な英語を理解し、また使用することができる。
4級:簡単な英語を理解することができ、またそれを使って表現することができる。
5級:初歩的な英語を理解することができ、またそれを使って表現することができる。

1次試験は、全ての級で「聞く・話す・読む・書く」全てのことが問われます。
客観形式(語い・熟語、文法・語法、読解)、作文、リスニング能力が試験されます。
リスニングテストは、筆記試験の後に行われます。
回答の仕方は、1級と準1級はマークシートと記述形式で、
その他はマークシート方式です。

試験時間はそれぞれの級で細かく決められています。

1級・筆記100分・リスニング約30分
準1級 ・筆記90分・リスニング約25分
2級・筆記75分・リスニング約25分
準2級・筆記65分・リスニング約25分
3級・筆記40分・リスニング約25分
4級・筆記35分・リスニング約25分
5級・筆記25分・リスニング約28分

2次試験は、3級以上から行われます。
会話能力を面接委員を相手に直接測定する、
面接形式によるスピーキングテストで、試験はすべて英語です。

各級とも、最初に氏名・級の確認をしてから、
1級・準1級面接委員と簡単な自由会話、
2級〜3級挨拶や質問を行い、総合的な力を判定します。

正しい英単語を使って発音や文法はもちろんのこと、
積極的に自分がどう思うか、どう考えるかを伝えようとする姿勢も
2次試験で試されますので、普段から自分の考えをしっかりと持って、
話す鍛錬を積んでおきましょう。

お役立ち情報一覧


cms agent template0035/0036 ver1.001