歴史能力検定を活かそう

歴史上の人物や出来事を良く知っていると、
例えば同じ番組を見たとしても、
それに関して感じること、考えることはより多く、深くなります。
歴史の正しい知識は日常的に役に立ちますし
よる物事を正確に捉えて、広く理解できるようになりますよね。

他の資格と併せるならば、
旅行地理検定協会の「旅行地理検定」などいかがでしょう。
歴史と地理に長けて、旅行をするにも、ガイドをするにもとても役立ちます。
地域に密着して、お住まいの土地にある「ご当地検定」を勉強するのも
知識の幅が広がって、面白いかもしれませんね。

難しい試験で、言葉の壁を乗り越えなければなりませんが、
外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をする
「通訳案内士(通訳ガイド)」という資格があります。
歴史検定の「日本史1級か2級」の合格者には、
「通訳案内士(通訳ガイド)」試験の日本歴史の科目が免除されます。
日本のよさを自分で伝えたい、
そんな熱意のある方はスキルアップを目指して、
「民間外交官」として活躍していけたら良いですね。

お役立ち情報一覧


cms agent template0035/0036 ver1.001