実用数学技能検定を活かそう

3級以上取ったら、履歴書に書こう!
数検も、もちろん堂々と書いてくださいね。

2級以上の合格すると、数学のプロとして、
主催団体が活動を支援してくれます。
その他にも「数検」の問題作成に参加する権利がもらえて、
応募できて、その上採用されると作成料までいただけるという仕組み。
このシステム、ヤル気がでますよね。

企業でもこの数検のレベルに応じて、
能力給がつくところも増えてきましたし、
学校でも優遇措置を取るところもあるなど、
数検の効力が色々なところで効いてきています。

算数や数学の楽しさをもっと広げるために、
学習塾で子供達に教えたり、
ボランティアで数学を楽しむ方法を伝えたり、
広く数学を普及していきましょう。
数字検定を知らない人もたくさんいますから
知名度を上げて、一緒に勉強するのも良いですね。
日常生活でも問題を解く柔軟な頭はとても役立つでしょう。

お役立ち情報一覧


cms agent template0035/0036 ver1.001