This page:趣味講座マニア~趣味の資格を取得しよう~ TOP > 学問・教育 > イータイピング・マスター

イータイピング・マスター

パソコンのタイピングを練習したい方にオススメ、イータイピング・マスターの資格を取得するのがおすすめな理由、資格試験、検定合格のためのアドバイス。テストに必要な費用などの実施要項の詳細。取得後、社会に出てからの仕事や生活での活かし方について

イータイピング・マスター検定の目的

タイピング


パソコンが普及するにつれ、重要視されるタイピング。
従来の紙に文字を書くということに対し、
パソコンのキーボードから文字を入力して、文字を書くということは、
このIT社会ではどうしても必須の技能となってきます。
どれだけパソコンに詳しくても、
まず、タイピングが出来なければ話にならない時代です。

タイピング検定は多々ありますが、どの検定の目的も、
個人のタイピング技能を客観的に評価・判定し技能を証明するものです。
また、技術を上げるための目標として資格認定試験は存在します。

ここでは、インターネット上で試験申し込み、
試験が出来る「イータイピング・マスター」をご紹介します。

注意すべきことがひとつ!
この検定は「ローマ字入力専用のネット検定」であるということ。
かな入力では、受験することが出来ませんので、注意してくださいね。

イータイピングはこんな人にオススメ

自分のタイピングの技能が、
具体的にどの程度のレベルかを判断する材料の一つとして、
タイピングの資格はいくつかあるのですが、
趣味の資格として、気軽にタイピングの練習を始めたい方には、
「イータイピング・マスター」をオススメします。

イータイピングは、インターネットで試験を申し込み、
試験もインターネットを介して自宅で行えます。
タイピング練習サイト(無料)もあるので、
好きな時間に自分のペースで勉強でき、過去の成績データから、
自分のグラフ(自分専用のカルテと呼びます)を見ることもできます。
自分の使い慣れたパソコンを使えますし
毎日練習すれば、タイピングの技能が上がっていく様も
目に見えるので、励みにもなりますよね。

パソコンを使う方は、資格を取る、取らないに関わらず
正確で早いタイピングの技能は、
身につけておいたほうが何かと有利ですよね。
そんな方にも、タイピング練習サイトで練習をして
試験は受けたかったら受けるぐらいの気持ちで
始めてみても良いのではないでしょうか。

これができたら合格!

級は、特級から8級までの9段階があります。
8級は無料体験ができます。
http://web.e-typing.ne.jp/free/free_exam.htm
(パソコンを始めたばかりの人が目標にできるレベル)

苦戦しましたか、物足りませんか?(^^)

試験時間と試験順に関しては、以下のとおりです。
試験の感じを掴むために、各試験の前に短い練習があります。
どの級も、3種類の試験全てにおいて
定められた合格ポイント以上のスコアを取ることで合格です。

・特級(単語テスト→短文テスト→長文テスト)約20分〜25分
・1級(単語テスト→短文テスト→長文テスト)約20分〜25分
・2級(単語テスト→短文テスト→長文テスト)約20分〜25分
・3級(単語テスト→短文テスト→長文テスト)約20分〜25分
・4級(かなテスト→単語テスト→短文テスト)約18分〜25分
・5級(かなテスト→単語テスト→短文テスト)約18分〜25分
・6級(単キーテスト→かなテスト→単語テスト)約18分〜25分
・7級(単キーテスト→かなテスト→単語テスト)約18分〜25分

単キーテストには時間制限がありますが、
その他のテストには試験時間に制限なく、出題される全ての例文を
入力することで試験は終了します。
ただし「時間に制限なく」とありますが、
ポイント計算に時間はきちんと加味されますので、
正確さと速さはとても重要です。

体験コーナーがありますので、
まずは実力をチェックしてみてはいかがでしょう?!
http://web.e-typing.ne.jp/trial/trial.htm

各級のレベルとして、特級〜2級は上級者、3〜4級は中級者、
5〜6級は初級者、7〜8級は入門者とされています。

上級>データ入力・パンチャーなど専門職レベル。
中級>オフィスワークでは充分な技能レベル。
初級>学業、趣味など個人的な用途でのパソコン利用では充分な技能レベル。
入門>英字キーの配置が大体理解できているレベル。

目的にあったレベルを目指して、ひたすら練習あるのみですね。

テキストや対応ソフトを買うのも良いですが、
会員登録が必要ですが、イータイピング・マスターには、
タイピング練習の無料サイトがありますので、活用しましょう。
http://www.e-typing.ne.jp/

根気は要りますが、一気に詰め込んでやるよりも、
毎日少しづつ積み重ねる勉強方法がタイピングには向いています。
仕事の合間や、パソコンに向かったついでに
練習を進めていくと自然に身につきますよ。

イータイピング試験の実施要項

<主催団体>
イータイピング株式会社
〒465-0032
愛知県名古屋市名東区藤が丘140-1
日本生命藤ヶ丘ビル2F
052-769-3731(TEL)、052-776-0061(FAX)
http://web.e-typing.ne.jp/
master@e-typing.ne.jp

<受験資格>
特に制限はありません。好きな級位を受けることができます。

<動作テスト>
受験に使用するパソコンが動作条件を満たしていることを
確認してから申し込んでください。
http://web.e-typing.ne.jp/application/text2.asp#check

<受験費用>
特級〜3級5,250円、4・5級3,675円、6・7級2,625円

<受験日>
受験申込後、受験料を払ってから発行される
受験ID・パスワードを受け取ってから、2週間以内。

イータイピング検定を活かそう

タイピングを身につけたら、
データパンチなどの専門職や、ビジネスや学校でも役立ちますし、
趣味でパソコンを触ることがあれば、日常的に役立ちますよね。

タイピングの試験は他にもたくさん実施されていて、
それぞれに特色があるので
色々と挑戦してみるのも面白いでしょう。

ゲーム好きな人は、タイピングゲームも多数発売されているので、
遊びながら上達を目指すのも楽しくて良いですね。
全国大会が開かれているようなソフトもあり、
熱狂的なファンに支持されています。
ゲームで遊ぶだけでも面白いのですが、
参加する方のレベルは、とてつもなく高いです。
目に見えない速さで、その上正確なタイピングはまさに神業ですが
極めればここまで行くのかと感嘆します。
今からでも、全国的に有名になれるチャンスもアリですよ。(^v^)

edit

cms agent template0035/0036 ver1.001