これができたら合格!

受験科目は「知識」と「実技」の2科目、
受験時間は、4・3級60分、2級90分、1級120分です。
回答方法は4〜3級は筆記、選択式、1級は筆記、記述式です。

3級、4級の問題例が公開されていますので、
力試しをしてみてくださいね。
http://www.r-audio.kentei.or.jp/

試験の程度・内容を公式サイトより見てみましょう。

◆4級
初歩的な電気の知識を持ち、
初歩のラジオ受信機(中波のスーパー受信機程度)の
動作原理がわかり、組立や調整ができる。
簡単な音響機器の動作原理を知っている。

◆3級
基礎的な電気の知識を持ち、
現用受信機および簡単な音響装置の動作原理を理解し、
組立、調整をすることができる。

◆2級
やや高級な電気知識を持ち、
各種受信機の動作原理を理解し、これを組み立てたり、
調整、修理することができる。
さらに各種音響機器の動作原理を理解できる。

◆1級
電気理論、電子工学、無線、通信理論、音響理論をよく理解し、
各種受信機や各種音響機器の動作原理、
設計、製作、調整、修理法をよく体得している。

かなり専門的な分野ですが、
既出問題集や受験読本も発売されていますので、
しっかり勉強して挑戦してくださいね。

お役立ち情報一覧


cms agent template0035/0036 ver1.001