その他

社長に学費を出してもらって行政書士の資格を取りました

"私は業務上必要だからという理由で行政書士の資格を取らされた事があります。
行政書士って独立系の仕事として人気があるみたいなのですが、弁護士や司法書士のようなステータスはありませんし、何だか弁護士とか司法書士の子分みたいな資格なので、全然興味はありませんでした。
でも、どうしても外国人の手続きとかを代行している職業上、資格を持っておかないと不便だというので、社長に言われて資格をとるべく、しぶしぶと勉強を始めたのでありました。
行政書士ってそんなに難しくない資格だと思っていたのですが、勉強を始めてみて驚きました。
すごい広く浅く試験範囲があって、相当多くのことを暗記しなくてはならない事がわかったのです。
「こんなの独学じゃ絶対無理」と思った私は社長に相談して、近くの資格学校に通学させてもらうようにお願いをしました。
社長も私に期待をしていたのか、結構な値段の学費をポンと出してくれて、学校に行かせてくれました。
学校に行ってからは勉強も順調に進み、一年程通って見事に資格を取ることができました。
何だかんだ言っても資格を持っているというのは嬉しくなるもので、それが会社の業務に役立つを思えば何だか一石二鳥のような感じがします。"

生命保険と損害保険の募集人資格

"就職した先が生命保険と損害保険の代理店であった為、営業活動に関わらない事務系の仕事ですが、会社から資格の取得を命じられました。

それまで保険の知識は、加入するお客様の立場で知ってる程度でした。

初めに生命保険の募集人資格の申込みを行い受験をしました。
テキストを一通り読んで、問題集を数回繰り返して勉強したら無事に合格できました。

テストに合格して安心していると、研修を受講しなければならないと言われました。
しかも、2日から3日間終日の研修でした。
テストよりも研修の方が大変でした。

次に損害保険の募集人資格を受験しました。
生命保険も損害保険も基礎は類似している部分が多いので、問題集を数回繰り返して、不明点をテキストで確認する程度で問題なく合格できました。

両方の資格を取得して安心していると、生命保険には専門課程、応用課程、大学課程とあり、損害保険には傷害・自動車・火災の商品単位等の上位資格があると言われました。

さすがに上位資格まで取得しないでも良いだろうと思っていたら、事務系でも全部取得するように命じられました。

まだ、全部取得完了しておらず、現在も勉強して受験をしています。"

食品関係の仕事に広く使える資格

"将来、菓子製造業で店を持ちたいと考えており、この前「食品衛生責任者」の資格を取得しました。
と、言ってもまだ何の計画も、資金も無いのですが…^^;

ただ、何も用意がない今の段階で取ろうと思ったのには理由があります!
まずは、講習を一日受ければ、誰でも簡単に取れる資格だということ。
そして、更新の必要がなく(今のところ)どんな食品関係の仕事にも広く適応されるということ。

カフェの営業や、お菓子を作って販売するのにも、この資格を持った人が最低一人いれば、
あとは設備さえ揃えて保健所に申請して、営業が開始できるみたいなんです。

もう一つは、受講料がこれ以上値上がりしないうちに(数年前から今では2000円値上がりしたらしいです!)
取ってしまおうと思ったからでした。

受講してみると、普段は何気なく行っている家での調理も、
衛生に気をつけなきゃな~と思うことばかり。とても勉強になります。
分厚いテキストももらえるので、その後困ったことがあればこれを参照できるのも嬉しいですし、
資格取得の証明書も即日発行してもらえるので助かりました。"

edit

cms agent template0035/0036 ver1.001